2006年08月29日

「人一倍」は何倍か、いちにさんし よんさんにいち、言葉という生命

「人一倍」は何倍か、いちにさんし よんさんにいち、言葉という生命(吹風日記)
「人一倍」という言葉は妙です。「一倍」じゃ変わんないじゃんか、と。調べてみると、江戸時代頃は、「a倍」というのは、「元の数にa倍を足した数」という意味で、「一倍」は「2倍」の意味でした。
!!!

世界バスケの日本×スペインを見てた時に解説者が
「スペインは日本の0.5倍、いや1倍ボールへの反応が早いですね」
と言っていたのが凄く気になったのだがこれでスッキリした。

あの解説者は江戸時代の人だったのね。
タグ:言葉 歴史 雑学
posted by ボボコフ at 15:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このエントリーを含むはてなブックマーク
2006年06月08日

"5秒ルール"は正しいことが科学的に証明される

◆”5秒ルール”は正しいことが科学的に証明される(◆空を見上げて犬は今日も歩く)
アメリカ・イリノイ大学の研究者グループによると、いわゆる”5秒ルール”は、迷信ではないとのことである。研究者グループは、もし食べ物を床に落としてしまっても、5秒以内にそれを拾い上げれば食べても健康には全く問題ない、という。

5秒ルールって全国的に5秒なのかな?とか思ってたんだけど、
国内どころか海外でも5秒なのか!
しかもそれは正しいのか!

なんか感動的なニュースだ。
posted by ボボコフ at 17:47 | Comment(2) | TrackBack(1) | 雑学 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。