2008年03月28日

「否定」に対する嫌悪感

「何故ですか?」「理解できない」に潜む否定的意味(suVeneのあれ)
「何故ですか?」という反応には大きく分けて
質問としての「何故」、否定としての「何故」の2通りがあり、
質問する側としては、
相手に誤解を与えないような配慮が必要、
という話だと読み取ったんだけど、
質問する側の話としては全くその通りだと思うし
自分自身一応ある程度気をつけてはいるつもり。

ただ、気をつけてはいるものの、
何故気をつける必要があるのか、
イマイチ理解できていない部分もある。

それは質問される側の心理に対してで、
ちょうどそれに関連するエントリも書かれていたので
僕の疑問を書いてみる。

「否定」に対する嫌悪感について(suVeneのあれ)

僕は否定に対して嫌悪感を持つという経験があまり無いため、
その理屈があまり理解できない。

suVeneさんは嫌な否定の例として
自分の価値観の一部である「感受性を否定された」と感じるから
頭ごなしの否定

嫌じゃない否定の例として
「相手の感じ方そのもの」に対する否定ではなく、
「相手の感じ方に対して、自分の感じ方との差異における否定」など
を挙げられている。

正直これを見てもピンと来ない。

感受性を否定されたと感じるものも、
結局は感受性の差異の表明なだけだと思うのだけど。

否定してきた相手の主張に対し、
「そっちこそ間違っている」と自分が認識する場合、
お互いに相手を否定しているわけで立場は同じ。
結局それはお互いの感受性なり価値観なりが
違うという事実でしかない。

全ての人が同じ価値観というのはありえないわけで、
違う価値観の人が現れたという事実に対して
嫌悪感を持つ必要はないと思う。

否定してきた相手の主張に対し、
全面的もしくは一部に納得できる場合、
自分の中に新たな価値観やら考え方が作られるわけで、
これは単純にメリットだと僕は思うし、
前述のような相手の主張に納得できない場合であっても
そういった自分と異なる考え方の人がいるという事実や
その考え方を知ることができるというのは
やはりメリットだと思う。

そして僕の場合デメリットはあまり感じない。


否定に嫌悪感を持ったり拒絶したりする人は
僕がメリットだと受け止める部分を
あまりメリットと感じないか、
それ以上にデメリットがあると感じるかの
どちらかじゃないかと仮定して
いくつか理由を考えてみる。

メリットを感じない理由
・新しい価値観や考え方に触れたい、持ちたいという意思が特にない。
・その意思がないわけではないが、
 どこの誰だかわからないような人に対しては特にない。

デメリットを感じる理由
・否定=相手の上から目線と感じる
・多くの人の目に触れる場で否定されるのは恥ずかしい
・議論とかそういうのめんどい
・何か怖い

あまり思い浮かばないけど、こういうのがあるような気はする。
デメリットの方は結構どれかが当てはまるんじゃないかと。
上から目線というのは、確かちょっと前に
「はてブって何でみんな偉そうなの?」みたいなのがあった気がするし。
議論に拒絶反応とか見かけるし。
軽い気持ちで何か書いたら
いきなり知らない人にそれは違うとか言われたら
ビビってしまう人がいるのは当然な気がするし。

ちなみにこのエントリは「否定」じゃなくて
嫌悪感を感じる人への質問と、自分なりの推測です。

あとブクマコメントにレスしていただいたのでそれについて。
エントリの前者の例は、「お前は間違っている」という意味での否定であり、差異の原因を知りたいが上の否定ではないところがポイントでした。

僕が「どっちの「何故」も説明を求めているのは同じ」と書いたのは、
否定の意味でも質問の意味でも「何故」と書く以上は
説明を求めていると思ったからで、
否定の意味で「何故」と書くのは
その間違った結論に至ったロジックを示せ、
という意味だと思うんですね。

なので「何故」と聞かれてそれが気になるのであれば、
裏の意味とかはあまり考えずに
とりあえず自分なりの根拠を示せば良いんじゃないかなというコメントでした。
「ここが間違ってるんだ」とかその先に
もっと突っ込んだ指摘がくる可能性が高いと思いますが、
否定されるのが嫌な人にとっても、
漠然と否定されるよりはある程度ポイントがはっきりした方が
少しはラクなんじゃないかなとか。
posted by ボボコフ at 13:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
最近、連発で
そんな事をされる経験があったんですけど
説明すると全てその端をつまんでくるために
本筋とはドンドン関係なくなるわ
説明はしなくちゃいけないわ
いつまでたっても理解しようとしないわで
エライしんどい想いをしました。

例えばですよ
ボボコフさんが
「最近のゲームはつまらなくない」という話をしたとします。
そうしたら「つまらない」という否定が来ます。
で、ボボコフさんがいくつか例を出したら
その例の一つに噛み付いてくる。
で、そのゲームの面白さを説明する。
相手はシステムとは関係ないところの欠点や
つまらないという他人の意見を挙げる。
そうすると精神論や開発者の話になったり
また、つまらないという他人の意見なので
どんなにおもしろさを説明しても空振りしたりします。

こうなると
どうあっても理解しない人間に
延々と説明していかないといけないわけで
しかも本筋とは関係ないから
必要以上に労力を使う。
さらに、その間に本筋からそれた
意見の方にもどんどん否定がついて
それまた解説しなくちゃいけなくなるという
デスマーチ。

そうゆう経験がある人は
否定されると自分が話したい事から
どんどん遠ざかるという意識があるので
フラストレーションがたまります。

大体、そうゆう人物の否定はわかるんですが
稀に気付かないで
まともに反応しちゃう事があるので
やっかいなんですよね。

「議論がめんどい」というのが
比較的近いと思うのですが
正確には「説明がめんどい」だと思います。
それと「本筋から離れると疲れる」です。
Posted by ローゼンカバリー at 2008年03月29日 12:01
どうもです。
反応遅れました。

やっかいな相手というのは
僕も色々と経験があるのでわかります。

ここではあえてそういう相手を省いたというか、
「最初に反応を受けた時点での自分の反応」
について書いているので、
そこから先のやりとりというのは
また別の話として割り切って書きました。

実は途中でそっち方面も書きかけたんですが
収集がつかなくなって大事なところがわからなくなりそうだったので
カットしました。
Posted by ボボコフ at 2008年04月02日 14:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91342165
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。