2007年01月23日

だったら勉強しなくていいや

子供の「どうして勉強しなきゃいけないの?」→ 勉強することの具体的で直接的で切実なメリットを説明
子供に「どうして勉強しなきゃいけないの?」ときかれたら、何と答えるか?
という話。

で、ぼくが日々実感している、「勉強することによる具体的で直接的で切実なメリット」は次の4つ。

(1)もっと楽しく遊べる

(2)もっと楽しく仕事ができる

(3)もっとすばらしい友達をたくさんつれる

(4)騙されてひどい目に合いにくくなる
まず思うのは、これは全部大人の視点という事。
子供にはほとんど響かないと思う。
楽しく遊んでるし、仕事なんてピンとこないし、友達いるし、騙されねーよって思うだろうし。

というわけで、子供にこれを言ってもあまり意味が無いように思う。


はてブとか見ると何かとても良いみたいな反応が多い?けど、大人の視点から見ても疑問。
(1)と(2)はよくわかる。
絶対とは言わないがその可能性が高くなるのは間違いない。

(4)は微妙。
ここで言っている「勉強」と「騙されにくさ」はあまり関係が無い気が。
むしろ性格の影響が大きいと思うし。
知識のおかげでってのもあるから無関係とは言わないけど。

で、問題は(3)。
そもそも「もっとすばらしい友達」という表現が最悪。
何だそれは。
そんな事考えて勉強するなら、やめてしまえと言いたい。
確かに勉強した事によって友達を助けられる事はあるかもしれないけど、だからすばらしい友達が沢山〜て飛躍しすぎ。
というかその知識がなければ友達じゃなかったような人なら友達じゃなくていいし。
その人と出会う「きっかけ」として必要だったという事はあるかもしれないが、そうでなければまた違う誰かに出会うかもしれないわけで。

「〜とかいうジョークやネタが、先方からポンポンでてきた。」と言われてもだから何?としか思わないし。。

最後の、
これらは全部屁理屈で、現実には、先生の魅力次第なのよ。
ここには同意。

こういう反論があるが、
勉強したら負けだと思っている
それは断じて教師次第、ではない。
それを教師次第とすることは、あなたの人生を教師次第とするのと同じだからだ。
これは少し話が違う。

同じ理由で、学習を勉強と称するのは、人生を勉めて強いることにしてしまう。一回こっきり、しかも大して長くない一生を、いやいやそれも人任せにしてしまうなんて最低ではないか。
人任せにするわけじゃなくて。

他人からの影響を全く受けない人生なんてありえないわけで。
学ぶ事にどん欲な人の多くも、それまでに出会った人だったり育った環境の影響によってそうなったと言っていいはず。

ここでは教師という表現をしているけどそれは限定的な言い方であって、ようはそういう考え方をちゃんと伝えられたり感じさせられたりする人に出会えるかどうかが大切だという話。
人じゃなくて出来事でもいいけど。
多分何らかのきっかけが必要だと思うんだよね。

僕が「どうして勉強しなきゃいけないの?」と聞かれたらなんて答えるかな。。

伝えたいのは「今後人生のあらゆる場面において道具は沢山あった方が選択肢が増えるし便利だぞ」という事。
それをまあ状況に応じて伝わりやすそうな表現で。
あと、勉強って言っても学校の勉強にこだわる必要は無いってのも。
どうでもいいとも言わないけど。
posted by ボボコフ at 13:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
こんな事を書くのはちょっと失礼かもしれないですが
この文章の中で

最後の、

他人からの影響を全く受けない人生なんてありえないわけで。

だけが頭の片隅に残ってまして
昨日「プロフェッショナル」を見ていて
バッチンときました。

ああゆう番組見てると
ほんの一瞬なんですがクリエイティブな気持ちになりますよね。
それがもし続いたら…

まあ、私なんかはもう歳なんで
何かを起こすには相当なパワーを必要とするので難しいですが
若けりゃいろんな意味で臨界点までが短いし
それが大成しなくても
他人より優れている状態になってるのは
間違いないでしょうし
色々役に立つ事もあるでしょうね。

そのためにも良い教師や良い人に合う事が重要になるんでしょうが
こんな事書いたら月並みすぎるかもしれないけど
やっぱりレベルの高いところに
そういう人が多い「可能性は高い」と思うし
そういうのに触れさせてあげたいと思うのなら
勉強は必要なんでしょうね。
まあ、この辺は親の問題なんですが…

で、締めようと思ったんですが
やっぱりこの文章の本題に触れておかないと締まらないので
『「どうして勉強しなきゃいけないの?」ときかれたら』を考えてみました。

昨日「プロフェッショナル」見てて思ったのは
ああゆう環境に長いこといたら
自分もそうゆう風になっていくんだろうなぁ〜
とか思ったりしました。
まあ、絶対ではなく可能性が高いってくらいの話なんですが。

勉強も、家の中にその環境が整っていれば
こうゆう疑問がわかないというか
自分で解決しちゃうかもしれないですし
大人じゃないと納得と思うようなことでも
意外とすんなり納得してもらえるのではないでしょうか?

理屈だけでわからせようってのが
そもそも無理?

といった感じで、どうでしょう。

自分のところに書こうか、こっちで書こうか悩んで
自分のところで書き始めてみたんですが
あまりに場違い感が漂ってたので、こっちに書くことになりましたw
Posted by ローゼンカバリー at 2007年01月25日 12:11
濃いコメントありがとうございます。
コメントの長さに制限が無いのがSeesaa最大の良さだとか思ったりする今日この頃。

>やっぱりレベルの高いところに
>そういう人が多い「可能性は高い」と思うし
そうかもしれませんね。

でも僕の理想としては
>勉強も、家の中にその環境が整っていれば
>こうゆう疑問がわかないというか
>自分で解決しちゃうかもしれないですし
>大人じゃないと納得と思うようなことでも
>意外とすんなり納得してもらえるのではないでしょうか?
こっちですね。
子供にそういう環境を作ってやる、
一番身近な大人としてきっかけを与えてやる。

結果、自分の中で上記のような「こっちの方が可能性が高そうだ」といった判断ができる人間になるといい感じです。
それが難しいんでしょうけどw

>理屈だけでわからせようってのが
>そもそも無理?
難しいですよね。
やっぱり時期が早ければ早いほど、理屈じゃ難しいと思います。
何か、実感として与えてやらないとなかなか。。

元の記事のブクマコメントの中に、
>子供に語る当人が人生を楽しんでることが必須
ってのがあったんですが、これも実感させられるかどうかに関わるからですよね。

僕自身があまり(学校の)勉強をせずに育ち、今それなりに楽しめてしまっているのが問題ですねぇ。。
Posted by ボボコフ at 2007年01月26日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31953346
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。