2006年11月10日

はてな村の人達

はてなが敬遠される3つの特徴〜つながりやすさの行き着く先
知人
「ああ、はてなか。あそこは癖があるから、やめた方がいいよ」
これは以前「はてブが愚衆化してるというけれどで書いた話と同じかな。

なるほど、「はてな」は癖があるのか。でも、ブログのコミュニティで癖のないところなんてあるのだろうか。
視点を変えればまるで見え方も違ってくるんだなあ。心の中で苦笑いしながら、黙って話を聞いていた。
というか、そういう認識が無い人がいる事に驚いた。

別の言い方をすると、遅れて参入したユーザほど、コミュニティにコミットする敷居が高くなる。
はてなのそれは恐ろしく高いと思う。
そもそも仕組み的にもそうなんだけど、なんてったって新参者が増えることによる変化を「愚衆化」と表現しているコミュニティなんだし。
コミュニティというか社会。ムラでもいいや。

Yahooやlivedoorなどに対して、なぜはてなの中ではコミュニティ論が盛んになるのだろうか。
ポイントは「はてブ」だと思う。
似た仕組みは他にもあるけど、流行ってるからね。

普通のブログに対してコメントするのって、基本的にブログの作者と直接の、1対1やりとりという面が強いと思うんだけど、はてブでガヤガヤってのはそれとは随分違う。

例えるなら、、、TV(あるブログ)を集団で見ながら、ああだこうだと感想を言う(言い合う)感じ?

それぞれのコメンテーターも時にはTV側に行くんだけど、イメージ的には
「よーし、今度は俺も放送しちゃうぞー」
村人「ガヤガヤ」
「どうだったどうだった??」
みたいな感じ。

に見える。
ちょっと極端だけど。
その位外から見ると入りにくい。
というか僕は入りたくなかったし。

「はてブの衆愚化」が語る人によって180度立ち位置が異なってくる*1のと同様、「はてなは“はてな村”である」という認識も、語る人によってはまるで着眼点が異なってくるのだろう。
*1:ある人は価値観が多様化することを「衆愚化」と呼ぶ一方で、特定のサイトの記事が集中してブックマークされることを「衆愚化」と呼ぶ人もいる。
「価値観が多様化すること」と「特定のサイトの記事が集中してブックマークされること」は一見反対の視点に感じるが、古参のはてブユーザーから見て「以前とはブックマークの傾向が変わっていく」という意味では同じだし、愚衆化と表現しているのは結局それだと思うけど。

愚衆という表現があまり好きじゃないんだけど、それを言うなら愚衆化前のはてブ(いつか知らんが)だって、外から見ればある意味愚衆だったわけで。
違う価値観の人から見ればわけのわからん集団なんだから。
タグ:はてな
posted by ボボコフ at 18:43 | Comment(1) | TrackBack(1) | はてな | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
グッグルから来ました。このはてな観察記よむの3回目くらいですけど秀逸な記事ですね。導入みただけでウンウンってなってひきこまれる。レイアウトもおしゃれと思ったら何だここハテナじゃないのか失礼しました
Posted by これ読んだの3回目ですが at 2011年06月13日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

はてな村起源
Excerpt: ウェブサービスの「はてな」を称してはてな村、と呼ぶようです。最近特にそうなのです。 はてなムラは何処にある - 煩悩是道場によると、村長は近藤社長ではなくkanoseさんで、村民として思い浮かぶ人たち..
Weblog: MetLog
Tracked: 2007-11-18 16:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。