2006年10月30日

履修漏れ問題雑感

高校の履修漏れ問題が話題になっているが、この問題そのものについてはとりあえずおいといてちょっと違う話。

前々から気になっていたんだけど、今回の件でまた強く違和感を感じたので。

現状の仕組みを考えると、履修問題の当事者となった生徒達が
「この受験前の大事な時期にそんなのやってられん」
というのはまあ当たり前だと思う。

が、やっぱりそんな声が出る受験の仕組みっておかしいんじゃないかと。

「学校の勉強」と「受験の為の勉強」は別物だって話だよねこれ。

そんなの常識なんだろうけど、やっぱりこれっておかしいと思う。
これだけ履修科目がどうたらと騒ぐなら尚更だw

高校でやる事きっちりやったらそれで勝負できるような受験問題を用意すべきじゃないかなぁ。
タグ:受験 教育
posted by ボボコフ at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26460805
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。