2006年10月30日

小さいときには何を学ばせるか。

先週書こうと思ってたら遅くなっちゃったんだけど。

小さいときには何を学ばせるか。(りんごアンテナ日記〜塾・パズル系ニュースサイト)
小さい頃に「技術」的なことを入れても
結局は「どうしてそうするのか」の部分が
わかっていない状態で先走りすぎて、
本来体得すべきことができないまま成長
してしまう。
これは本当にありがちな話だと思う。

「賢い」ってどういうことだ?(日々の思い)
更に何度かやり取りをして、最後にはどうにかこうにかやっと答えに辿り着いてくれたのだが、少なくともこの問題を解くとき、この子の頭の中には何のイメージもなく、ただテクニックとして身につけた(もしくは身につけさせられた)方法で答えを導き出しているに過ぎないのだろう。
たまたま上の記事と同じ日に読んだんだけど、これも内容的にはほぼ同じ話(たぶん)だと思う。

勉強ってのはやっぱりただ解き方を覚えればいいってもんじゃなくて。

だからこそ、
「勉強」ってなんだろう。
でも書いたように、子供はとにかく「遊べ」と。
学校で学ぶ事、もっと言えばその後の人生で学んでいく事を、吸収する土台を作る為にも。


で、ここから先は自分の中でもよくまとまってない話なので自分メモとして書く。

学校で教わったものの中でも、「その当時は何の為にそれを学ぶのかわからなかった」ものが多々ある。
それは「あまり実感の湧かない知識」という曖昧な形で、何となく「ふ〜ん」という感じでやり過ごしたりしていて。

でもそれは後々になって、「あれはこの為だったのか」とか「あれはもっとちゃんと学んでおけばよかった」なんて思うようになったりするものも沢山含まれていて、「実感が湧かない」なりに頭の片隅に入れておけるかどうかというのは結構大切な事だと思う。

恐らく、本当に土台となる部分をちゃんと「実感を伴う知識」として身につけていないと、その先の「実感の湧かない知識」をとりあえず頭に入れておく事って難しいんじゃないかと。

で、そういう視点で見た時に、ほぼ全ての学習(学校で学ぶものも人生で学ぶものも)の土台となるはずの小学校低学年で学ぶような事を「あまり実感の湧かない知識」として身につけさせてしまうと、その先は相当苦労するだろうなぁ、、と。
雲を掴むような、本当にわけのわからない話を覚える作業が延々と続いていくわけで。

初期の学習をどこまで「実感を伴って」身につけていけるかという事と、「どれだけ遊ぶか」「どれだけ色々な経験を積んでおけるか」という事は、かなり密接に関係しているような気がする。

テクニック的なものは必要だと思った時にいくらでも身につければいいわけで、小さい子供のうちに重要なのは全ての土台となる部分の知識をしっかり確実にものにしていく事だと思う。

人生で本当に役立つのは、早く問題を解く技術じゃなくて自分で解き方を見つける(考える)力のはずだし。
タグ:育児 教育
posted by ボボコフ at 11:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
ボボさまこんにちは♪
またも取り上げて頂きありがとうございます。
まさか会社からですか?(笑)
自分に子どもがいなくてもこんなにあれこれ考えるのですから、
親ともなると本当に色んなことを考えるのでしょうね。
Posted by TOH at 2006年10月30日 14:50
会社です(汗

色々考えますね。。。
考えた事を伝えたり実践する事ができるかどうかが問題なんですけどね。。
Posted by ボボコフ at 2006年10月30日 15:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26453982
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。