2006年10月17日

「ブログを書く」とは、感じたことを思い出す作業。

感動した。

「ブログを書く」とは、感じたことを思い出す作業。(真性引き篭もり)

僕はもしその為の時間があるのならば、日々の全ての出来事を、その時の思いを、ブログに書き残したいと思っている。
以前友人にそう話したら、ちょっと不思議そうにされたけど。

でも実際はそのほとんどを書けていない。
毎日、(あとで書こう)と思った事の大半、というかほぼ全てを、いざ書く時になって思い出せずに苦悩している。

ブログを沢山更新したいわけじゃない。
とにかく書き残したいのだ。

今、頭にしっかりとあるものを書こうと思っても、以前書こうとして書かなかったいくつかの事のせいで書けないという事も多々ある。
その時の気分と言ったら。

そういう、僕の文章力ではとてもじゃないが表現不可能だった気分が、この記事には見事に書かれていた。

まったくもって、無念である。忍びない。僕の心は哀れである。たとえば、一日に、10も20もさくさくとブログを書き上げられるような優秀な、脳と技量を持つ人に、僕のが心が宿ったならば、感じた全ては書き出され、全てが自活し生きるのだろう。いや、書き出すことなどなくても、忘れることなく記憶され、全てが自活し生きるのだろう。

けれども、僕のこの脳と、体に宿った軟弱極まる怠慢さは、僕の心を見殺しにして、それに罪悪感すら覚えずに、のうのうと、ただのうのうと生きている。

それが無念で、心が不憫で、なんとかしてやろうと、100に1つでも構わぬから、ブログに書き出してあげられればと思うのだけれど、入力フォームに辿り着くのは、綺麗に全てを忘れた頃だ。

ホントすばらしい。

何だこの文章力は。
嬉しすぎて嫉妬もしない。

書けない事、書きたかった事を完全に表現しているものを見つけた時の感動といったら凄いねこれは。

自分で書けなくても、こうして残せるんだから。
タグ:blog
posted by ボボコフ at 18:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | blog | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
あまりの違いに驚きでした。

私なんかだと
「ぷよぷよ」や「パネポン」などのようなパズルゲーム感覚で
無数に落ちてきたり蓄積されたりしてる
ネタというブロックを
頭の中で動かしたりひねったりして
いかに組み合わせるかということに従事してる感じです。

本文の記事に合わせて例えるなら
『思い出したことを感じてみる』って具合でしょうか?
(なんか違うなぁ)

ただ、パズルゲーは好きですがヘタなので
ブログも同じように
「下手の横好き」状態ですけどw
Posted by ローゼンカバリー at 2006年10月18日 16:20
>無数に落ちてきたり蓄積されたりしてる
>ネタというブロックを
僕の感覚だと昔ながらの縦シューのような感じで上から流れてきたネタ(敵)は頑張ってその場で仕留めなければ全部流れていってしまうんですよ。

そういえば僕は実際縦シューも、完璧に仕留めていけないと強いストレスを感じますw

ローゼンカバリーさんのブログの印象は
まさにここに書かれている例えの通りで、
>いかに組み合わせるか
ここに味があって面白いんですよね。

ただ積み上げてないってのがミソですね。

僕は落ちてくるうちのいくつかを捕まえるので精一杯なんです(汗
Posted by ボボコフ at 2006年10月18日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25643095
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。