2006年08月23日

叱る時、やってはいけない10か条

叱る時、やってはいけない10か条(All About)

全体的に、僕と嫁さんはその辺りを意識するように心がけているけど
どうしてもその通りできない時はある。
お互いにそれに気付いたら注意するようにしてるのである程度上手くやれてる気はするが
まだまだ試行錯誤。

感情的に叱ってはいけません。

何がどうしていけないのか理解させないと意味無いからね。

子どもの言い分を聞かずに、叱ってはいけません。
まだまだ自分で説明できるような時期じゃないけど
「なんでそういう事するんだ?」って聞くようにしてる。
僕も嫁さんも子供の頃理由を聞いてもらえなくて嫌な思いをした記憶がある。

くどくどといつまでも叱り続けてはいけません。
これは問題無し。

自分の都合で叱ってはいけません。
そりゃそうだ。
どうしてもイライラしてる時とかはあるから気をつけないと。

両親が一緒になって叱ることは避けましょう。
二人同時に「コラー!!!」ってのはあるけどw
一緒にガミガミいう事は無いな。

誰かと比べて叱ってはいけません。
これは絶対やらない自信がある。
僕自身がそういう比較に何の意味も無いと強く思っているから。

昨日と今日で言うことを変えてはいけません。
基本的には無いんだけど、状況の違いによって変わる事も。
「混乱するかな?」なんて思いつつ言うことはある。

全人格を否定する言葉や子どもを突き放す言葉は、使ってはいけません。
人格否定は無いわ。
全然寝ない時に、先に寝るから自分で寝てね、ってのはあるな。
まずいかな。。。

今、叱っている内容に付け加えて、昔のことまで引っ張り出して叱るのもタブーです。
自分がやられて一番嫌だったのがこれw
一つ怒られるとアレもコレも。。。w
僕は絶対やらないw

体罰はやめましょう。
一時期試験的に?手をパシっとやってみた事があるが
全然効果が無い(むしろ喜んでた)のでやめた。
今後成長に応じて、時には必要かもしれないとは思うけど。
基本的にはやらないね。

全体的に納得できる内容ではある。
叱り方って大切だと思うしうまい事できればと思う。
タグ:子供 教育 叱る
posted by ボボコフ at 13:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
10か条のうち、8か条がうちの母に当てはまりますね。
ひどいのは、父か私のどちらかが怒られていると、怒られていない人までとばっちりを受けて、グチグチ過去のことを引きずり出して叱る事ですね。
とばっちりはたまったもんじゃないですよ。

ちなみに、うちの母が持ち出す「過去のこと」は小学生の時のことにまで遡るのでほんと、勘弁して欲しいものですw

ひっぱたかれるのより、グチグチ言われるほうがよっぽど嫌ですからね。

まぁ、良い反面教師ですわw
Posted by 夏海 at 2006年10月06日 12:44
>怒られていない人までとばっちりを受けて
うわw
自分の関係無い話だけでも鬱陶しいのに
自分以外の話がきっかけとなるとたまらんですねw

親にやられた事を結局子もやってしまうなんて話もよく聞きますが
今の所全然そんな事ないと思ってます。
やっぱり反面教師ですねw
Posted by ボボコフ at 2006年10月06日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22700835
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。