2006年07月26日

頭が良い人

「頭が良い人」のイメージ(まなめはうす)

大元の記事(というかスレ)をざっと読んだ印象は
ARTIFACT@ハテナ系さんに書かれていた
このままだと「空気を読む」と「頭が良い」が同義語になっちゃう!(笑) ここでもコミュニケーション能力話に!
これと同じだった。

「コミュニケーション能力」と「頭の良さ」は関係はあると思うが
イコールではないよね。
頭良くても良いコミュニケーションを生み出そうとしない人もいるだろうし。

「その場に応じて臨機応変に振る舞う事ができる人が頭が良い」という発想は
文字通り「できる」人は頭が良いかもしれないけど
「できる」人にもそれを「する」か「しない」かって選択肢はあるわけで
「する」か「しない」かで頭の良し悪しを判断するって発想はあまり頭が良くない気がする。

ちなみに「空気を読む能力」と「頭の良さ」は関係ないと思う。
空気読んだ上で「どう振る舞うか」って部分には頭の良さが絡むかもしれないけど。

じゃあ自分はどんな人を頭が良いと思うのかと考えたが
上手い表現が思いつかない。
高い理解力・分析力を自然と備えてる人・・これも一面を表すだけっぽい。
難しい。

ってここまでの話は本題じゃなくて、
このエントリを書いたのはまなめさんの書かれた事に思う事があったから。
ちなみに、カンタンに教えることができる人は頭良いとは思いません。分からない人を理解できるのは、かつて分からなかった人だと思うのです。ゆえに、「頭がいい人」ではなく「乗り越えた人」なのです。
僕はどちらかと言えば逆で「カンタンに教えることができる人は頭良い」と思っている。

「カンタンに教えることができる」という事は、
「かつて分からなかった」かどうかに関わらず
その問題をキチンと「理解している人」だから。
そしてもっと言えば「かつて分からなかった」というのも
単純に「頭が良い」の否定になる要素だとは思わなかったり。

全てをすんなり「理解」できるならそれは頭が良いのだろうけど、
あまり細かい疑問を持たずに何でもすんなり頭に入れて(記憶)しまう人は
単に知識を持っているだけで「理解」していなかったりする。
そういうタイプの人は「かつて分からなかった」経験が無くても
「カンタンに教えること」は難しい。

僕が「本当に頭が良い」と感じる人は
「○○です」と言われて単純に「○○なのね」と「記憶する」タイプの人ではなく、
「何故か」「本当にそうか」とかいちいち分解・分析しながら
「理解」するタイプの人に多い。
というかそういうタイプにしか感じないかも。

こういうタイプの中でも本当に頭のいい人ってのは
誰かの疑問に対して「どの段階で躓いているのか」を「理解」し
問題解決へ導く事ができたりする。
つまり「カンタンに教えることができる人」だ。

というわけで、僕はやっぱり
「簡単に説明できる人は頭のいい人」だと思う。
簡単に説明するのを見たからって必ず「この人頭良いな」と思う程単純でもないけど
どちらかと言えばそうだと思う。
posted by ボボコフ at 13:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | 考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
個人的に思う頭の良い人について思うことは…

野口みずきと末次慎吾が共に「足の速い人」っていうように
学力的に優れた人も理解力がある人も共に「頭の良い人」って感じはしますが
ただ、「頭の良い人のイメージ」となると
それらの全てを兼ね備えているという勝手な印象があります。
なので、違った時にガッカリ…

私なんかもパソコンの中でエクセルが比較的得意なので
それをもって他人は「パソコンが得意」という認識となり
今度は「パソコンが得意というイメージ」でパソコンの不具合の原因などを聞かれ
わかんないとガッカリされる事が多々あります。
Posted by ローゼンカバリー at 2006年07月26日 15:55
>それらの全てを兼ね備えているという勝手な印象があります。
多くの人がそう思ってそうですよね。
僕は学力は全然意識しないですけど。
僕も含め、実際何を持って頭が良いとするかは
人それぞれですよね。

>わかんないとガッカリされる事が多々あります。
これはありますね。

僕もマンションの人と飲みに行った時に
プログラマーです、と言ったらある人(トラックの運ちゃん)が
「うわ!じゃあウイルスとか作れるんだ!!」
なんて言ってテンション上がっちゃったんですが、
普通に「いやそれは全然作れません」と言ったら
えらくガッカリされました。

逆に以前会社に待望の新人が来た時に
前職がゲームプログラマだったと言うので
「ゲームに詳しい奴キタ━━!!!」
と喜び勇んでゲームの話題振ったら
全然わかりませんみたいな感じでえらくガッカリしましたw
Posted by ボボコフ at 2006年07月26日 16:11
簡単に教える事ができる,っていうのは
受け手の持っている予備知識によってずいぶん変わってくるかもしれません。

高校生の頃(っていつだよ・・・おい・笑)
すごく出来の良い(センスの有る)同級生に
下級生がわからなかった数学の問題を質問してとき方を教えてもらったのですが,
彼女には彼の説明が「よくはわからなかった」と。
で、「どんな説明されたん?」と大枠を聞いて、
彼がそこに書いたとき方を見ながら私が説明しなおしたら
「あ!わかった」と。

だから「簡単に説明できる人は頭のいい人」だとすると(たしかに、真実ですが)
ヒトによって頭のいい人の基準がかなりずれてくるでしょうね。
逆に、わかりやすく説明しようとして、本質を捻じ曲げた話にしちゃうヒトは頭悪いなあと思いますけど。
・・・後で困るって。
Posted by (まめ)たぬき at 2006年07月27日 14:23
>受け手の持っている予備知識によってずいぶん変わってくるかもしれません。
それはありますよね。

ただ僕がここでイメージしているのは
その予備知識の部分の含めての話です。
いくつかのやり取りの中で
相手がわからないのはどの点なのかを的確に見極め
わかりやすく説明できるって事です。

つまり僕が言っている「簡単に説明する」というのは
「説明する相手に対して」という条件付きです。

それができるというのは
結構色々な能力を使いますからね。

>本質を捻じ曲げた話にしちゃうヒト
ちょっとわかりますw
いますよね、そういう人。

深い理解の上で、何かしらの意図を持って一時的に曲げて説明するって事なら
状況によってはありかもしれませんが
無意識に曲げちゃう人ってのは
そもそも理解が足りてないんだと思います。
Posted by ボボコフ at 2006年07月27日 23:34
頭の良い人はめったに起こらないそれと人の悪口をいわないですね゜
Posted by 中野幸庵 at 2007年08月13日 20:55
怒らないというのは傾向としてはあるかもしれませんね。
怒るってのは基本的に無駄なんですよね。
Posted by ボボコフ at 2007年08月17日 03:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21421723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。