2006年06月14日

友だち付き合いのうまい人、下手な人

ふーん、、と思った程度でスルーしてたんだけど、
ふとなんか書きたくなった。

友だち付き合いのうまい人、下手な人
A) 人に好かれる人
ネガティブワードをあまり言わない
気軽に人を誘うことをいとわない
仮面でない笑顔ができる
人の話をまっすぐに聴ける
いつも等身大の自分でいられる
自然に楽しむことができる

B) 敬遠されやすい人
物事を悲観的、批判的に捉えることが多い
支配的に他人に接する
他人に依存しやすい
時間的、精神的にゆとりがない
自分らしさがない
押し付けがましさがある
人に好かれる人と敬遠されやすい人って分類ならば、
Aの「気軽に人を誘うことをいとわない」ってのはいらないかな。
全然誘ってこないけど好かれてる人は多いでしょ。

それから
「いつも等身大の自分でいられる」
これ。
友達付き合いが疲れる?って話とも関係するけど
実はこういう人って結構少ないっぽいけど違うの?

まあその辺はどうでも良くて、僕がこの記事で気に入ったのは
重要なのは「自分一人の時間も充実して過ごす」事だってとこ。

友達付き合いが疲れる?の話を書いてる時も思ったんだけど、
結局いつも素に近い自分とか等身大の自分でいられるってのは
「最悪一人でも別にいいや」って開き直り?が必要なのかな?と。

無理して合わせなくても、気の合う奴と仲良くやってりゃいいや、ってのは
もしそういう人と出会わなければ一人でもいいやって前提が無いと成立しないっぽい。

じゃあ自分はそうだったのかと言うと
自分ではそうだと思っているんだけど
僕の場合子供の頃から嫁さんという理解者がいたという事実があって、
最低一人はわかってくれてるという中で生きてきたわけで
仮にそれがなくても同じ様に言えるか、というと
ハッキリとは言い切れないかもしれないなぁ。
posted by ボボコフ at 16:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
前から言っていたブログの併用をはじめていたんですね。

上のA、Bを見るに、僕の場合敬遠されやすい人の特徴もそれほど多くはないと思いますけど、Aの好かれる人の特徴は全て反対と言ってもいいくらいだなあとw。

他人から評価を受けて、自分の行動に制限ができるのが一番嫌いなので、意図的に「こういう行動を取ったら、他人から見た自分の評価が下がる」って事を行ってしまうんですよね。

「孤独」と「自分を殺して生きる」だったら迷いなく「孤独」を選ぶという感じで。
実際にはそれほど「孤独」だとも感じてないですけど。

それしても、いつも思うんですけど、ボボコフさんのブログの内容は何か心に引っかかるような内容が多いですね。
他の人のブログだったら、記事の内容を2つ3つ読んで「ああ、この人はこういう人なのね」、って次から読む記事に対して予想を裏切られるなんて事は滅多にないんですけど。
これを言われてもリアクションに困るでしょうから、無視しといてくださいw。
Posted by ところてん at 2006年06月18日 11:24
>意図的に「こういう行動を取ったら、他人から見た自分の評価が下がる」って事を行ってしまう
こういう人って珍しいですよね多分w
わざわざそうしなくても・・とか思っちゃいますけどw

>「孤独」と「自分を殺して生きる」だったら迷いなく「孤独」を選ぶという感じで。
僕もそうですね。
記事中で触れたように「多分」ですが。

ブログを家族や友人に見られると困るって人が結構いますが、
それってブログに書いてる本音と普段見せてる自分の違いを認識してるが故の悩みですよね。

僕なんかはブログに本音を書いても
普段言ってる事も同じなので知ってる人が見ても特に問題無いです。
実際見てくれてる人も結構いたり。

ただ勤務中にこそこそ書いてる量が多いので
職場の人には知られたくありませんw

>ボボコフさんのブログの内容は何か心に引っかかるような内容が多い
これは良いんでしょうか悪いんでしょうか(汗

>次から読む記事に対して予想を裏切られるなんて事は滅多にないんですけど。
予想を裏切りがちって事ですか?w
わりとわかりやすい性格だと思ってるんですけどね。。
Posted by ボボコフ at 2006年06月19日 16:02
語弊があるといけないので、レスをつけさせてもらうと、僕の、

「ああ、この人はこういう人なのね」

という部分はあまりいい表現じゃないですよね。
そうならないというのは、良くとらえてもらえればと。

>予想を裏切りがちって事ですか?w

予想をというよりは、「この人はこういう人」と簡単に言えない感受性を持っているんだろうなと。

”本音じゃない事”は書かないし、多分日常でも言ってないんだろうというのもわかるのですが。

他の人の文章を読んでいて、その人が文章で投げかけてきてる疑問に対して、大抵は、その人の人間性や、疑問自体に問題があるところ、主観性と客観性なんかを見て、どこに問題があるのかはすぐに感じるし、僕が言ってそれを受け入れられる度量があるのかも考えて、大抵は聞き流すのですが、ボボコフさんの場合、こんな単純に結論が出せない話が多いなと。

「心に引っかかる」というと、気分を害しているような表現にも聞こえるので言い方が悪いですけど、話が深いという事が言いたかったんです。
Posted by ところてん at 2006年06月19日 20:29
>他の人の文章を読んでいて、その人が文章で投げかけてきてる疑問に対して、大抵は、その人の人間性や、疑問自体に問題があるところ、主観性と客観性なんかを見て、どこに問題があるのかはすぐに感じるし、僕が言ってそれを受け入れられる度量があるのかも考えて、大抵は聞き流すのですが、


僕も同じような感覚で見てます。
結構自分特有の感覚なんだと思ってたんですがw

ところてんさんとは、その辺りの意識を共有できてるような気がしていて
言いたい事が言える相手だと勝手に認識しちゃってます。

なのでそれは違うだろ!って思ったら多分そう書くと思いますし、逆なら遠慮なく書いて下さい。
まあその前に不思議なほど意見の相違が無いんですけど。

自分の話が深いのかどうかはよくわかりませんが
そう言ってもらえるのは嬉しいです。
Posted by ボボコフ at 2006年06月20日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。