2006年06月09日

「好きなことを書けばいい」というアドバイスは役に立つのか?

「好きなことを書けばいい」というアドバイスは役に立つのか?(304 Not Modified)
好きなことを書けばいい。

これは問題の解決にはさほど役に立たない。
だからといって、常に役に立たないわけではない。

「万能薬というものはどんな病気にも効かない」という前提での
「好きなことを書けばいい」=万能薬。

なるほど、そんな感じかもしれない。
それにしても効き目が弱い気がするけれど。

ブログについて悩んでる人にこの言葉をかけても
結局本人次第な部分が大きい。

何が問題なのかが分からない人にとっては、
気づきのきっかけになるのではないだろうか。

その通りだと思う。


僕は「思ってる事を書けばいい」とか
「考えてる事を書けばいい」と言った方がいい気がする。

何を書けばいいのか、、と悩んでいるならそれをそのまま書けばいい。

思いをそのまま書き綴る。
形に残してあらためて見直す事で、悩みは解決するかもしれない。
もしくはそれを読んだ誰かが適切な処方箋を用意してくれるかもしれない。

2年近くブログを書いてきて、
むしろそれこそがブログの1番有効な使い方なんじゃないかとか思ったりもする。

「同じ内容の文章でも、自分で書くと記憶に残る」とかの話も全部同じで、
とにかく感じた事考えた事をどんどん書け、と。
posted by ボボコフ at 15:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | blog | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
メモ帳扱いのブログという事なので、私もおおざっぱに書かせてもらいますw

わたしゃ「好きなことを書けばいい。」という言葉が大嫌いです。

学生時代に読書感想文で悩んだ時に
教師に「思ったことをそのまま書けば良い」と言われたんですが
小説なんか読んでも、ほとんど何も思わない人間だったので
(今でも小説なんかでは何も思わない事が多いので
あまり好きではないです。)
その言葉を信じたがために
非常にしんどい思いをしてきたからです。

そうゆう事を言うのはたいてい文章が書ける人で
書けない人にとってはあまりに空虚な助言のように感じてしまいます。

この辺の話は世の中が夏休みに入る前後にブログで書こうと思っているんですが
書けない人って
まず自分がどう思えば良いのか
そして、どう形にしたら良いのかがわからないんだと思います。

それを差し置いて「ただ、書け」ってのは
昔も今も私にはどうしても納得いかない表現のひとつです。
Posted by ローゼンカバリー at 2006年06月13日 17:08
コメントとかは他と同じく大歓迎なので
軽い気持ちで書いてくださいw

>小説なんか読んでも、ほとんど何も思わない人間だったので
わかります。
僕の場合は正確に言えば思うんですけど、
文章にできるほどの事では無いんですよ。
で、やっぱり苦労しましたね。

>まず自分がどう思えば良いのか
>そして、どう形にしたら良いのかがわからないんだと思います。
ですね。

なのでその「どう思えば良いのか」とか
「どう形にしたら良いのか」とか
その気持ちをまずは書く、
ってのがいいんじゃないかなと思うんですが。

それを積み重ねる事で方向性が見えたり、
思わぬアドバイスがあったり、
そもそもその積み重ね自体に意味が見出せたり
という事が起こりうると思うんですね。
Posted by ボボコフ at 2006年06月14日 14:57
「自分が思う事」というのはどうゆうものかを
色々と考えてブログに書いてみました。

世の中の夏休みがいつかわかんないですけど
とりあえず夏休み前後に公開予定ですw
Posted by ローゼンカバリー at 2006年06月14日 16:24
その時期に意味があるんですかね?
楽しみにしてますw
Posted by ボボコフ at 2006年06月14日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19040510
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。