2009年03月03日

FC時代のゲームの見た目について

昔のゲームは見た目が価値だった、今のゲームこそ面白さが重要なのかもね

思うところがあってコメントしたりしたんだけど、
ここでいう『見た目』の定義がいまひとつよくわからないので
なんだか噛み合わない感じの議論が続く。
いい加減長いし、ちょっと整理したいのでこっちに移動。

まずちょっと視点を変えてみようと大元の記事を読み直した。

「昔のゲームは面白さ=価値だった、今のゲームは見た目だけ」論

今のゲームは見た目だけって話は
逆に昔は中身だけで見た目どうでも良かったという話ではないよね?
という辺りが気になってこの記事はしっくり来ない。

で、上の記事。
ここでポイントなのはここ。
>大雑把にまとめるとゲーセン移植モノとキャラモノの価値は
>見た目が重要だったはず。

移植モノは同意。
自分の場合はFC発売当時小学校1年生、
移植モノ、という概念がなかったので実感はないが、
移植である以上その再現度が重要なのは想像がつく。
移植モノは見た目も含め、トータルの再現度が重要だったのだろう。

問題はキャラもの。
この文脈でいくと、
『ゲーセン移植モノとキャラモノの価値は
(その他のゲームよりも)見た目が重要』
となると思うんだけど、
キャラものの見た目が他よりも重要だったという認識が僕にはない。

ここで言う『見た目』=『グラフィックのきれいさ』。

で、FC以前から比べると当時のFCはハイスペックで
グラフィックも凄かったのだ、という話。

これまた僕はFCでTVゲームデビューなので
FCのグラフィックで驚いた記憶がなく、実感がない。

しかし大元の記事と同じく、
当時のFCのグラフィックは凄かった、という話は
当時こそ見た目重視、という話にはあまり関係がない。

この流れでの『見た目重視』というのは、
グラフィックの優劣で売り上げに大きな差がでるとか、
開発側がそこにばかり注力してゲームの中身を疎かにしていたり
という話のはずで、
当時も(もしくは当時の方が)見た目重視だという話をするならば
その点に触れないと始まらないと思う。

で、ローゼンカバリーさんはキャラゲーは見た目重視だったと仰っているんだけど、
前述の通り僕にはわからない。

まず、同時期の非キャラゲーとキャラゲーの間に明確なグラフィックの差があったとはあまり思えない。
仮に差があったとしても、その差によって売れたのだとは思わない。
キャラゲーと非キャラゲーを分けるものは、『そのキャラクターである』という『設定』だと思う。

ここまではコメント欄でやりとりしてた内容とほぼ同じなんだけど、
ここからちょっと新しい話。
大前提というか、前述の通り『見た目重視』というには
『それ以外軽視』が成り立たないといけないんだけど、
それが成り立たないんじゃない?という話。

ゲームの面白さの中には『新しさ』というのが含まれていて、
昔の方が未開拓だった分、どのゲームも何かしら新しく見えるような部分があった。
クソゲーと言われるものも、それはそれで楽しめたりするものが多く、
どうやっても楽しめないようなゲームは今より少なかったと思う。
(これは個人的な意見。)

その後、ゲームの進化に伴いスペックも上がり
ゲーム性も色々と試行錯誤が繰り返されながら高度化し、
より緻密で深みのある『面白さ』を持ったようなものがたくさん生まれた。
面白さは多様化し、もしかしたらハードルも上がったんだと思う。

反面、どうやっても楽しめないような駄作も増えた。
複雑化したシステムがうまく機能しなければ苦痛になる。
昔のゲームは単純だった分、失敗作でも『面白くない』程度だが、
最近の複雑化したゲームの場合は本当に失敗すると
『苦痛』『退屈』『作業』というFC当時はあまり聞かれなかった種類の感想が出る。

さらに前述の通りハードル自体は上がっているのであるとすれば、
どうにもならないレベルの駄作率は今の方が高いと思う。
逆に今の『面白い』は当時の『面白い』よりもレベルが高いので
今の基準で面白いものをあげたらこれも今の方が確率が高いと思う。

矛盾してるようだけどそうじゃなくて、
昔の方が良くも悪くも「そこそこ」のゲームが多かったんだと思う。

で、グラフィックと同じ話がゲームの中身についても言えるんだけど、
当時はその「そこそこ」の面白さが十分面白かったという事。
新しかったし。

そして上記の流れでいうと高度化したゲームは
緻密な面白さを練り上げるのはかなり難しい作業になり、
同時にさらなる高スペック化もあって
ゲーム性を練るよりも見た目で売る方向に流れるゲームが増えた。
そしてそういうゲームが実際よく売れるという状況もあった。
結果、この時期ゲーム性とグラフィックのバランスが大きく崩れた。
ここで『最近のゲームは見た目重視』という話が盛んに言われだしたわけで。

もう一度FCの頃の話をまとめると、
グラフィックは当時としては凄かったかもしれないが、
その優劣で売り上げが大きく左右されるほどではなく、
ゲーム性が軽視されてるという傾向があるわけでもなく、
それなりにバランスが取れていたのだと思う。
つまり見た目重視ではなかったと思う。

で、さら最近はハードがハイスペック化しすぎた為に
差別化されるほどのグラフィックを用意するには金がかかりすぎるとか
WiiやDSのようにグラフィック以外でも見た目上の新しさを打ち出せる環境があったりで
また違う流れに入っている。
ゲーム性重視になったのかというとそれも違う気はしてるんだけど。
posted by ボボコフ at 13:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
前半がアレなので
全否定したくなる気持ちはあるんですけどw
後半はそうなんだろうなぁと思います。

また、揉めそうなので
軽くだけ書いてみますが

>当時はその「そこそこ」の面白さが十分面白かったという事。

そこそこが十分面白いなら
そこそこのグラフィックは十分凄いってことにしたらダメですか?

ダメですね・・・
Posted by ローゼンカバリー at 2009年03月04日 18:59
>そこそこが十分面白いなら
>そこそこのグラフィックは十分凄いってことにしたらダメですか?

いや、だから十分凄くていいんです。
中身も見た目もバランスが良いという話で、
=見た目重視ではない、というのが僕の意見です。
Posted by ボボコフ at 2009年03月04日 19:19
そもそも「重視」って言葉が悪いですね。

やっぱり私が最初書いたように「重要」の方がしっくりきます。

「重視」なんて言葉を使うから
「軽視」なんて酷い言葉が出てきちゃうんだと・・・

どこでそんな言葉が出来たのか確認してないので
ちょっとわかりませんが
「重視」という表現は問題をおかしくするので
お互い使わない方がベターだと思います。

「見た目を重視」とするなら
「中身は軽視」になったとしても
「見た目が重要」って書いてるからって
「中身は不要」とは思わないでしょう?

だから、今回こじれた一番の原因は
「重視」という言葉を使ってしまった事にあると思います。

言葉って難しいね。
Posted by ローゼンカバリー at 2009年03月04日 20:58
あー、確かにそうですね。

まあ僕はそれほど重要じゃなかったと思うわけですがw
Posted by ボボコフ at 2009年03月04日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。