2007年07月25日

ノートの話

ノートの話2(Say::So?)

できない子にはもう一種類あって,「書き写す」という作業をすることしか考えていなくて,書いても全く意味を理解しないばかりでなく,記憶もできない子がいます。おそらく二つの作業を同時にできないのだろうと思います
これ僕です。
シングルタスク人間。
2つの行動を一緒にしようとすると大抵失敗したり片方忘れたりする。

小〜高校までの授業は、集中して聞くことで「理解」していた。
ノートをとると、この「理解」が完全じゃなくなる。
だからほとんど書かなかった。

「暗記」や「記憶」をする気は最初から無くて、
「理解」できるかどうかが全て。
僕はどうも暗記が苦手で、理解しないと頭に入らないっぽいので。

この辺は、勉強とは抽象化作業であるの中でも触れたけど。

ノートには二種類あります

実際に手を動かして書くことで,きいたあるいは勉強したということを覚える用
理解したことを整理,記録し,あとで読みかえす用
僕の感覚では一つ目はよくわからない。
一度書いただけで覚えられるものなの?

あとで読みかえす用の必要性は社会人になってから痛感している。
来月から新たな職場になるので、
これを機に日々の出来事をまとめて書き残すという事をやってみる予定。
なんとか習慣化させたい。

できれば自分にちょうどいいノートのとり方は小学生のうちに身につけたいものですが現状ではなかなかそうも言ってられないので誰かがどこかで「おおノートってこんなに役に立つのか!」ということを実感させてやらなければならないんだろうなぁということを思います。
こういう意識のある教師がたくさんいたら良いのだろうなぁと思う。

基本的に学校で求められているノートのとり方って
結局「黒板を丁寧に書き写す事」だったりするので。

ノートそのものが点数になるから、書けと言われるから、仕方なくノートを書く、という事をいくら繰り返したって、
「学ぶ時はノートをとる」という習慣になかなか結びつかないのは当たり前な気がする。
タグ:教育 学習 思考
posted by ボボコフ at 16:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。