2007年07月10日

オタクとは

これが自分探しの旅なのだろうか。(304 Not Modified)

まなめさんのオタク論(オタク論てよくわからないけど)。

何か違和感が。
僕のイメージするオタクとは違うっぽい。
むしろこれは偽オタク(?)のイメージに近い。


友達」と同様、これも自分の中であまり定義を考えた事は無かったけど、
多分僕が漠然とイメージしているオタクとは、
自らが価値を感じるモノや事柄をひたすら一直線に愛する人
という感じかな。

オタクは皆と違うことに価値を見い出し、そうでない人(一般人)は皆と違うことを恐れる傾向にある、と。
他人と同じかどうかは問題じゃないように思う。

というかそれを気にするのは嘘だよね。
常に人と違うもの、流行から外れたものを求めるというのは、
結局主流の動きに合わせて違う方向に向いているだけであって、
流行を追いかける人と同様に流されているだけなわけで。
(もしかしたら「人と違うものオタク」というのも成立するのかもしれないけど。)

これはまなめさんがご自身で書かれているように
「何か違うと評価されたがり」な「フツーの人」じゃないかと。

そうじゃなくて、周囲は一切関係なく自分の価値観で
「これが好きなんだ!」を突き詰めていくのが、
突き詰めずにはいられないようなのが、オタクというイメージ。

オタクというのは「結果的になっている/なってしまうもの」であって、
「なろうとしてなる」のは、何か違うんじゃないかと。
要は、そこに本当に愛はあるのか、という事かな?

「人と違う」と「周囲に思われる事」に喜びを感じるという話は
「オタクか否か」という話とは実は関係無いように思う。
タグ:オタク ネタ
posted by ボボコフ at 12:03 | Comment(5) | TrackBack(2) | 考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。