2007年07月01日

シルバーシートについて

シルバーシートに座れ(大学教員の日常・非日常)

これを読んだ。
コメント、ブクマコメントまで含めて。

人にものを教える側の人間がこんな話をして、
しかも「自分賢い」みたいなのはどうかと。
しかもコメントの大半がそれに賛同とかビックリ。

いや、
一つの考え方としてありかな?とは思うし、
個人が勝手にそうしてるならまだいいけど。

「優先席が必要な人の為に、
自分はその席をキープしておいてあげてるんです」
みたいな、何か立派な感じに書いてある。。

おかしいと思う部分はいくつもあるんだけど、
一番問題だと思うのは
そもそも優先席と普通の席を分けて考えている事。

優先席はなぜ譲るのか。
優先席だから?

普通の席で同じ状況だったらどうするのか。


こんな事を書くと、
「優先席が必要な人は優先席に来る可能性が高いから
自分はそこをキープする」
みたいな話になるのかもしれないけど。
(というか読み直したらそう書いてあったw)

実際優先席が無駄に空いている事は多いし、
譲らない人が座っている場面もよく目にする。
僕も空いてるなら誰かが座ってもいいと思うし、
必要な時に必要な人に譲ればいいと思う。
そういう意味ではこの理屈が完全に滅茶苦茶だとは思わない。

でもそれはまず「全ての座席に対して」であるべきだと思う。
これはもう日本の場合は
全席優先席にするしか無いのかもしれないけど。
残念ながら。


ここからはオマケ。
このロジックに対する細かい疑問点。

・学生達がシルバーシートに座らないのは、本当に
 >A)シルバーシートを必要としている人
 に座ってもらう為なのか。

「必要としない人がシルバーシートに座るのは
マナー違反だ、という空気があるから座らない」
という人は結構いるんじゃないかと。

そういう人にとっては
自分が座らなかった優先席に誰が座ろうと
あまり問題じゃない気がする。
元気モリモリっぽい学生が堂々と座ったら
そりゃあウザイとか思うだろうけど。
大事なのは自分が座らない事なわけで。

このタイプの人にこのロジックで座れと言っても
場の空気が変わらない限り座れないような気がする。
もしかしたらこのロジックを聞いて感動して
「だから堂々と座るぜ、俺カッコイイ」
みたいな方向に行くかもしれない?けど。

他にも、譲る勇気が無いから最初から座らない、
という人も当然いるはず。
それは単に声をかけるのが苦手だったり、
譲るべき人の判断が難しいという理由もあるだろうし
とにかくそれだったら座らなくていいや、という判断。

そういう人にわざわざ
「座れ、そして譲れ」
という必要は全く無いように思う。


・自分から「譲ってもらいたい」という意思を
 示せない人は無視か

優先されても良いような人でも、
自分からそれをアピールできない・しない人は
沢山いると思う。
優先席の近くに行く、という行為も含めて。

優先席であっても無くてもいいけれど、
最初から席が空いていれば
そういう人でも座れるかもしれない。

このすばらしいロジックには
その視点が含まれていないのでは?


・そもそも誰もが座りたいわけじゃないのに
 「座れ」というのはどうか?

まあこれは屁理屈といえば屁理屈w
でも「誰もが座りたい」という前提な
すばらしいロジック、というのは少しひっかかる。

というか、現状優先席に座れない人、
理由はどうであれ、実際座っていないわけで、
それは「必 要」では無いわけで、
そういう人をわざわざ座らせる必要ないのでは。


ようは、人は皆そんな単純なロジックで
行動してるわけじゃないんだから
こんなロジックを
あまりすばらしいもののように
語るべきでは無いと思うわけです。

あえて言うならば、
「(優先席とか関係なく)座りたいなら座っても良い、
自分よりその席が必要と思われる人がいたら譲れ」
でいいような気がする。


■関連
みんな壊れてる
タグ:社会 思考
posted by ボボコフ at 03:16 | Comment(6) | TrackBack(1) | 社会 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。