2007年03月06日

こういうものの考え方・言い方は自分の脳内も含めていい加減滅びてほしいとときどき思う

こういうものの考え方・言い方は自分の脳内も含めていい加減滅びてほしいとときどき思う(kmizusawaの日記)

読んでなんかもやもやした。
あまり考えがまとまらないけど思う事を書いてみる。

多分もやもやした原因は、全部一まとめにしちゃってる事。
ここで書かれている事の多くは
時と場合によっては凄く大事な事だったりすると思うので
全部滅びろっていうのはどうかと。

全体的にネガティブに受け取りすぎというか、
個人の生き方とか人間性に対しては寛容な人間でありたいと思っている。
この言葉と矛盾してるようにも見える。

・他人が愚痴を言ったり弱音を吐いたりすることに対して「甘えるな」「大変なのはお前だけじゃない」「お前などまだ恵まれている」 他人のみっともなさや至らなさに対してむやみに厳しい。自分にも厳しいのかもしれないが、自分にだけにしといてほしい。

・「自分(もしくは自分の知っている人)はこうやってきた」→「だから他の人だってできるはずだ・やるべきだ」→「できてない・やらない人は甘えている」
単純に一つの意見として受け止めればいいと思うんだけど。

確かに何かそういうわかったような事を、何となく偉そうに言いたがるウザい奴はいる。
けどそれはそういう奴だと認識してるわけだから、「またこいつはそういう事を・・w」って程度に聞いとけばいい。

でも単純に自分はこう思う、こうする、した、という一つの意見として言ってくれてるだけかもしれないし、場合によってはウザいと思われるリスクを冒してまで、本人の為に必要だと思う言葉をかけてくれてるかもしれない。
その言葉が本当に必要なものかどうかという事とは無関係に、僕はそういう人って大切にすべきだと思うけど。

それを強要するならまた話は違うが、困ったり悩んだりしてる人に対してその人なりのアドバイスだったり、一つの考え方を提示してくれているわけで、それが良いか悪いかは結局自分の中で判断すればいいだけの話で、その言葉をかける事自体を真っ向から否定するのはとても勿体無いと思う。

困っている人を前にしてできる事というのは、ざっと考えて
・スルーする
・自分なりの意見や経験や視点を示す
・同情的な言葉をかける(それが本心でもそうじゃなくても)
のどれかかなと思うんだけど、スルーはまあこの場合置いといて
別の意見を示すか同情するかってのはケースバイケース。
問題を解決の方向に持っていく可能性が高いのは別の意見だとは思うけどそうじゃない場合もあるし。

でも元記事を見てると別の意見を示す事を全否定してるようにも見える。
(実際は全否定じゃないのは理解してるけどただの言い方の違いだと思うし)
そうなると選択肢は同情しかないので、結局「同情してください」という話?

僕が困ってる側だったら基本的には別の意見が聞きたい。
その意見が理不尽に厳しいと感じれば、「俺には無理w」と思うだけだし、
言ってくれる事自体はありがたいじゃないかと思う。
受け止め方次第?

「人のあり方に寛容な世界、人が多様であることが「当たり前」の世界を私は生きてゆきたい。」ならば尚更、
ある問題に大して人によって色々なアプローチがあって当然。
その一部を滅びろと言うのはよくわからない。

多様性っていうと生き方の選択や生得的なものに関するそれを思い浮かべることが多いけど、あることを「やっている/やってない」理由とか、つまずき方とか、悩み方とか、気づき方とかそのタイミングとか、大事にしていることだとか、前に進むペースのようなものも多様だと思うんだよな。(そして必ずしも前に進まなくてもいいのではないかとも思っている)
全く同感で、人それぞれなんだから自分で自分の答えを出せばいいと思う。
でもその時に視野は広い方が多分いい。
その為には自分以外の考えや視点はたくさんあった方がいい。
その中から自分で答えを出す。

「決めつけや説教」だと感じたなら、そういう事言う人なんだな、と認識すればいいだけの話じゃないかと。
posted by ボボコフ at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。