2007年01月23日

だったら勉強しなくていいや

子供の「どうして勉強しなきゃいけないの?」→ 勉強することの具体的で直接的で切実なメリットを説明
子供に「どうして勉強しなきゃいけないの?」ときかれたら、何と答えるか?
という話。

で、ぼくが日々実感している、「勉強することによる具体的で直接的で切実なメリット」は次の4つ。

(1)もっと楽しく遊べる

(2)もっと楽しく仕事ができる

(3)もっとすばらしい友達をたくさんつれる

(4)騙されてひどい目に合いにくくなる
まず思うのは、これは全部大人の視点という事。
子供にはほとんど響かないと思う。
楽しく遊んでるし、仕事なんてピンとこないし、友達いるし、騙されねーよって思うだろうし。

というわけで、子供にこれを言ってもあまり意味が無いように思う。


はてブとか見ると何かとても良いみたいな反応が多い?けど、大人の視点から見ても疑問。
(1)と(2)はよくわかる。
絶対とは言わないがその可能性が高くなるのは間違いない。

(4)は微妙。
ここで言っている「勉強」と「騙されにくさ」はあまり関係が無い気が。
むしろ性格の影響が大きいと思うし。
知識のおかげでってのもあるから無関係とは言わないけど。

で、問題は(3)。
そもそも「もっとすばらしい友達」という表現が最悪。
何だそれは。
そんな事考えて勉強するなら、やめてしまえと言いたい。
確かに勉強した事によって友達を助けられる事はあるかもしれないけど、だからすばらしい友達が沢山〜て飛躍しすぎ。
というかその知識がなければ友達じゃなかったような人なら友達じゃなくていいし。
その人と出会う「きっかけ」として必要だったという事はあるかもしれないが、そうでなければまた違う誰かに出会うかもしれないわけで。

「〜とかいうジョークやネタが、先方からポンポンでてきた。」と言われてもだから何?としか思わないし。。

最後の、
これらは全部屁理屈で、現実には、先生の魅力次第なのよ。
ここには同意。

こういう反論があるが、
勉強したら負けだと思っている
それは断じて教師次第、ではない。
それを教師次第とすることは、あなたの人生を教師次第とするのと同じだからだ。
これは少し話が違う。

同じ理由で、学習を勉強と称するのは、人生を勉めて強いることにしてしまう。一回こっきり、しかも大して長くない一生を、いやいやそれも人任せにしてしまうなんて最低ではないか。
人任せにするわけじゃなくて。

他人からの影響を全く受けない人生なんてありえないわけで。
学ぶ事にどん欲な人の多くも、それまでに出会った人だったり育った環境の影響によってそうなったと言っていいはず。

ここでは教師という表現をしているけどそれは限定的な言い方であって、ようはそういう考え方をちゃんと伝えられたり感じさせられたりする人に出会えるかどうかが大切だという話。
人じゃなくて出来事でもいいけど。
多分何らかのきっかけが必要だと思うんだよね。

僕が「どうして勉強しなきゃいけないの?」と聞かれたらなんて答えるかな。。

伝えたいのは「今後人生のあらゆる場面において道具は沢山あった方が選択肢が増えるし便利だぞ」という事。
それをまあ状況に応じて伝わりやすそうな表現で。
あと、勉強って言っても学校の勉強にこだわる必要は無いってのも。
どうでもいいとも言わないけど。
posted by ボボコフ at 13:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。