2006年11月02日

数学はプロセスが9割

数学はプロセスが9割(304 Not Modified)
人は、ある事柄を「理解」するときその事柄を自分が既に持っている知識に照らして何らかのマッチングを取って「解釈」するものだと思っている。
その通りだと思う。
というかこの記事で言わんとしてる事の大半には同意。
何となく自分と似た思考に感じる。

数学はプロセスが9割の学問か(煩悩是道場)
数学はプロセスが9割といえるのは、まなめさんに「2割の計算力」があるからで、私には電卓やエクセルが無ければどうする事の出来ない世界だ、という事を知っている。
これは上の記事とは違う視点での意見。

両者の視点の違いに関しては
結果が全てです(suVeneのあれ)
で指摘されている通り。

「なんか違う」のは、相手が求めているものが「プロセス」ではなく「答え」だったというだけ話だ。
そして、「数学という分野においてプロセスは大切」なだけではななく、自分(テストされる主体)にとって大切なのはプロセスだという話であり、「一番大切なのは「計算間違いしないこと」」は相手(テストする主体)にとってだ。
この記事は全体的に細かい表現をきっちり使い分けていて
全体を的確に現している。
凄いなぁ。
なんか非常に数学的な匂いのする文章。

テストの本質は「何がテストされているのかを見抜くこと」である。
この部分も同意。

ただ僕に関して言えば、小学生の頃から
「何がテストされているのか」とかどうでも良くて。
点数はどうでも良かった。

まなめさんの表現で言えば、
僕にとっては「プロセスがほぼ10割」だった。

ululunさんの表現で言えば、
「あとの2割」がダメであろうが「考えの道筋が正しければ」OKだった。

suVeneさんの表現で言えば
「自分(テストされる主体)にとって大切」な事にしか興味が無かったって事みたい。

実際計算ミスが多くて親によく叱られたけど
点数に興味が無いから結局直らなかった。
でも今になって考えても、やはり大切なのはプロセスであって。
入試とか、点数を取る必要がある時以外は結果はどうでもいいかな。

あと、suVeneさんの所のsqrtさんのコメント、
「求められているもの」を見抜けているかどうかの差は数学よりも国語に顕著に現れる感じ
というのも興味深かった。
国語で点を取る為に求められるのはまさに「その力」だと思う。


最後に一番大元の記事にも少し触れる。
答は合ってるのに×。先生どうして? 「数学で大切なのはプロセスだ。答なんてただの数字でしかない」 (痛いニュース(ノ∀`))
上記の通り、
>数学で大切なのはプロセス
というのはその通りなんだけど、
このテストにおいて事前にその点をキチンと説明してあったのかどうかは
とても重要で。
恐らくそんな説明はないだろうからこの対応はダメダメな気がするけど。

それからここでダメ出しをくらった「プロセス」なんだけど、
内容が不足してるからダメなのか、解法が違うからダメなのか。

解法が違って答えが正しい場合、
ある視点で見ればその解法にもきちんと説明ができる場合が多いと思うんだけど、
そこまで考慮してもダメだったのだろうか?

とにかくこの教師の対応には疑問が多い。
タグ:考察 学習
posted by ボボコフ at 16:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。