2006年08月29日

「人一倍」は何倍か、いちにさんし よんさんにいち、言葉という生命

「人一倍」は何倍か、いちにさんし よんさんにいち、言葉という生命(吹風日記)
「人一倍」という言葉は妙です。「一倍」じゃ変わんないじゃんか、と。調べてみると、江戸時代頃は、「a倍」というのは、「元の数にa倍を足した数」という意味で、「一倍」は「2倍」の意味でした。
!!!

世界バスケの日本×スペインを見てた時に解説者が
「スペインは日本の0.5倍、いや1倍ボールへの反応が早いですね」
と言っていたのが凄く気になったのだがこれでスッキリした。

あの解説者は江戸時代の人だったのね。
タグ:言葉 歴史 雑学
posted by ボボコフ at 15:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このエントリーを含むはてなブックマーク

ギャンブルに「流れ」はあるか、物語を作る生き物、煮つめられた人生

ギャンブルに「流れ」はあるか、物語を作る生き物、煮つめられた人生(吹風日記)
そういう意味では、ランダムな配列に「流れ」を読んでしまう、というのは、人間の一つのいとおしさではないかと、私には思われます。
まとめ方も面白いし興味深いエントリだった。

したがって、「流れ」はあるか? という質問は、つまるところ、こう聞いているのと同じです。「物語」はあるか? そんなもんあるに決まってます。我々人間にとって、世界とは、単なる事実の集積では断じてない。それは、無数の「物語」によって意味づけされて、初めて世界となるのです。
物語、あるあるw
だからギャンブルは面白い!w

でも物語や流れに最初から信じ込んだり期待したりする人は
ギャンブル向いてない(勝ち負けで考えると)と思う。
そういう人ほどハマるような気もするけどw
我々は、勝つために「流れ」を読んでいるのではなく、「物語」をつくろうとして「流れ」を読むのです。いや、あの、勝つために「流れ」を読んでいる人もいらっしゃるようですが、その、なんというか、えー、がんばってください。
元エントリもそれは前提になってる。

ギャンブラーな僕(?)が思うに、
勝ちに拘るなら終始確率を徹底的に考える必要がある。

そんな僕は時々
「そんなやり方して面白いか?」
なんて言葉をかけられたりしたが、
それとは別に物語を作ってるから面白かったんだろうなと
このエントリを読んで思った。
posted by ボボコフ at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。