2006年08月23日

「答えがググれる世界」の教育

「答えがググれる世界」の教育(POLAR BEAR BLOG)
確かにこの例では、目的であった「3番目の完全数を導く方法を考えること」は達成されていません。しかしこの児童は「3番目の完全数を導くこと」は達成しています。しかも最も効率的な方法で -- これって悲しむべきことでしょうか。

ググらざる知肉(404 Blog Not Found)
悲しむべきなのはググって答えを出す事ではなく、ググらなくても答えを出すポテンシャルがその子にはあるのに、それを引き出していないことだ、と思う。

数学のテストで『電卓使っちゃいけないの、なんでですか?(c)jkondo』と教師に食ってかかった時点で、文系・理系の適性が決まってしまっている!?(キャズムを超えろ!)
ツールを使わず体験することで狭く深い体験をすることで新しい価値を創造する理系人、ツールで出来る事はツールで、というアプローチによって広く浅く経験を積むことで新しい価値を創造する文系人。


んー。
どのエントリも興味深い話。

僕はまず前提として「ググらず答えを出すポテンシャル」を伸ばす努力は
必要だと思っている。

が、「ググるかググらないか」というのは
ケースバイケースでいいんじゃないかと。

そんなもん考えるだけムダだ、って問題はググって済ませばいい。
その判断をする力を伸ばすってのも必要なはずだ。
社会でも役に立つ。
これは理系か文系かって話とはまた別だと思う。

沢登りにはかなり大勢の人が参加していたが、それでも橋のたもとで滝を見上げていただけの人の方が多かった。そうしていたのは老人ばかりではない。おそらく彼らは自分たちがあの沢を登る能力があることを知らないのだろう。それが証拠に、まるで熱すぎる風呂に入るのをためらうがごとく、ちょっと入っては引き返す人々も多かったのだ。
僕はこの場を見たわけじゃないので断言はできないが、
「能力があることを知らない」わけじゃないように思う。
問題は「それをする価値を感じるかどうか」じゃないかと。
沢登りをしてでも滝壷を実際に見る事にどれだけ価値を感じるか。
沢登り自体に価値を感じるか。
各人のその辺の感覚の差で行動が決まる。

最小の完全数は6、二番目は28。では三番目に小さい完全数は--。
僕は恐らく理系の考え方の人間だと思うが
自分が今小学校5年生だったら
こんな問題はググって済ませるか放置するかどっちかだ。

考える価値を全く感じない。
それが解けたから何だ?
完全数?

もっと興味深い問題だったら嬉々として解こうとするだろうけど。

とりあえず「検索して答えを出すことへの批判」をするなら
もう少しマシな問いかけをしてからにすべきじゃないかな。
タグ:学習 教育
posted by ボボコフ at 15:49 | Comment(14) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク

叱る時、やってはいけない10か条

叱る時、やってはいけない10か条(All About)

全体的に、僕と嫁さんはその辺りを意識するように心がけているけど
どうしてもその通りできない時はある。
お互いにそれに気付いたら注意するようにしてるのである程度上手くやれてる気はするが
まだまだ試行錯誤。

感情的に叱ってはいけません。

何がどうしていけないのか理解させないと意味無いからね。

子どもの言い分を聞かずに、叱ってはいけません。
まだまだ自分で説明できるような時期じゃないけど
「なんでそういう事するんだ?」って聞くようにしてる。
僕も嫁さんも子供の頃理由を聞いてもらえなくて嫌な思いをした記憶がある。

くどくどといつまでも叱り続けてはいけません。
これは問題無し。

自分の都合で叱ってはいけません。
そりゃそうだ。
どうしてもイライラしてる時とかはあるから気をつけないと。

両親が一緒になって叱ることは避けましょう。
二人同時に「コラー!!!」ってのはあるけどw
一緒にガミガミいう事は無いな。

誰かと比べて叱ってはいけません。
これは絶対やらない自信がある。
僕自身がそういう比較に何の意味も無いと強く思っているから。

昨日と今日で言うことを変えてはいけません。
基本的には無いんだけど、状況の違いによって変わる事も。
「混乱するかな?」なんて思いつつ言うことはある。

全人格を否定する言葉や子どもを突き放す言葉は、使ってはいけません。
人格否定は無いわ。
全然寝ない時に、先に寝るから自分で寝てね、ってのはあるな。
まずいかな。。。

今、叱っている内容に付け加えて、昔のことまで引っ張り出して叱るのもタブーです。
自分がやられて一番嫌だったのがこれw
一つ怒られるとアレもコレも。。。w
僕は絶対やらないw

体罰はやめましょう。
一時期試験的に?手をパシっとやってみた事があるが
全然効果が無い(むしろ喜んでた)のでやめた。
今後成長に応じて、時には必要かもしれないとは思うけど。
基本的にはやらないね。

全体的に納得できる内容ではある。
叱り方って大切だと思うしうまい事できればと思う。
タグ:子供 教育 叱る
posted by ボボコフ at 13:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。