2006年07月26日

頭が良い人

「頭が良い人」のイメージ(まなめはうす)

大元の記事(というかスレ)をざっと読んだ印象は
ARTIFACT@ハテナ系さんに書かれていた
このままだと「空気を読む」と「頭が良い」が同義語になっちゃう!(笑) ここでもコミュニケーション能力話に!
これと同じだった。

「コミュニケーション能力」と「頭の良さ」は関係はあると思うが
イコールではないよね。
頭良くても良いコミュニケーションを生み出そうとしない人もいるだろうし。

「その場に応じて臨機応変に振る舞う事ができる人が頭が良い」という発想は
文字通り「できる」人は頭が良いかもしれないけど
「できる」人にもそれを「する」か「しない」かって選択肢はあるわけで
「する」か「しない」かで頭の良し悪しを判断するって発想はあまり頭が良くない気がする。

ちなみに「空気を読む能力」と「頭の良さ」は関係ないと思う。
空気読んだ上で「どう振る舞うか」って部分には頭の良さが絡むかもしれないけど。

じゃあ自分はどんな人を頭が良いと思うのかと考えたが
上手い表現が思いつかない。
高い理解力・分析力を自然と備えてる人・・これも一面を表すだけっぽい。
難しい。

ってここまでの話は本題じゃなくて、
このエントリを書いたのはまなめさんの書かれた事に思う事があったから。
ちなみに、カンタンに教えることができる人は頭良いとは思いません。分からない人を理解できるのは、かつて分からなかった人だと思うのです。ゆえに、「頭がいい人」ではなく「乗り越えた人」なのです。
僕はどちらかと言えば逆で「カンタンに教えることができる人は頭良い」と思っている。

「カンタンに教えることができる」という事は、
「かつて分からなかった」かどうかに関わらず
その問題をキチンと「理解している人」だから。
そしてもっと言えば「かつて分からなかった」というのも
単純に「頭が良い」の否定になる要素だとは思わなかったり。

全てをすんなり「理解」できるならそれは頭が良いのだろうけど、
あまり細かい疑問を持たずに何でもすんなり頭に入れて(記憶)しまう人は
単に知識を持っているだけで「理解」していなかったりする。
そういうタイプの人は「かつて分からなかった」経験が無くても
「カンタンに教えること」は難しい。

僕が「本当に頭が良い」と感じる人は
「○○です」と言われて単純に「○○なのね」と「記憶する」タイプの人ではなく、
「何故か」「本当にそうか」とかいちいち分解・分析しながら
「理解」するタイプの人に多い。
というかそういうタイプにしか感じないかも。

こういうタイプの中でも本当に頭のいい人ってのは
誰かの疑問に対して「どの段階で躓いているのか」を「理解」し
問題解決へ導く事ができたりする。
つまり「カンタンに教えることができる人」だ。

というわけで、僕はやっぱり
「簡単に説明できる人は頭のいい人」だと思う。
簡単に説明するのを見たからって必ず「この人頭良いな」と思う程単純でもないけど
どちらかと言えばそうだと思う。
posted by ボボコフ at 13:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | 考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。