2006年06月09日

矛盾させてくれ

矛盾させてくれ(他人の脳内)
人間が変化(あるいは成長)するということは、同じものを入力しても、過去になら返したであろう出力と違う出力を返すようになることで、つまり、過去の自分との一貫性を失うことだ。

この前提っておかしいよね?

必ずしも一貫性を失うことじゃないはずだと思うけど。
というかそうじゃない事だってざらにあると思うけど。

出力が変わるのは成長かもしれないし逆かもしれない。
変わらなくてもより確固たるものになっていれば成長かもしれない。

出力が同じでも違う演算してるかもしれないしね。

一貫性を捨てなければ、自我の成長とか変化はありえない。

だったら常に自分の考えを否定していけば成長しまくり!
ってそんなバカな。
これは極端すぎか。
posted by ボボコフ at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク

「それ、知ってます」は禁句

「それ、知ってます」は禁句(九十九式)

んー、そういうのって当たり前の話でわw

そういうのを理屈で考えなくてもごく自然に感じ取って当然のように振舞う事を
「空気を読む」って言うんじゃないかな。

ちょっと前に空気嫁とかコミュニケーション能力とか話題になったけど、
こうやって理屈や経験から技術として身につけていくのは
コミュニケーション能力を高めていく事なんだと思う。

自然に身についていく人は空気読める人なんだと思う。
僕は空気読めるかどうかってのはある程度先天的なものな気がしてる。

つまり、空気読めなくても
高いコミュニケーション能力は身に付けていけるという事。

そう考えれば空気読めるかどうかはそれ程重要じゃないのかも。
ていうかそんな事どうでもいいかw
posted by ボボコフ at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このエントリーを含むはてなブックマーク

ルールを厳格にする

ルールを厳格にする(見上げれば青い空)
勉強に対してこういう態度の子が学力を伸ばすのは相当に難しい。このあたりを厳格に指導し出すと「それはかわいそうだ」という親御さんも出てくる。しかしながらこういうことをいい加減にしていて後のことはすべてしっかりやっています、という子など絶対にいない。
これは極論過ぎる。
まず教育において「絶対」なんて言葉を安易に使っちゃだめだと思う。

学力というのは勉強時間を上乗せしただけで伸びるものではない。生活習慣やものの考え方、美学、哲学の変化を必要とする。腑抜けた態度で問題集を何度やり直そうとも成績はビクとも上がらないのである。
これはその通りだと思う。
やればいいってもんじゃない。
やったらやったなりのものは残るとも思うけれど。
効果に大きな差は出ると思う。

で、その変化をどうやって起こすかだけど、
それは「やる気の出るお話」も「行動をきちんとさせること」も
1つの方法としてありだと思う。

どれも可能性があるだろうし逆に絶対でもないはず。
いや、確かに効果は高そうだと思うけれど。

「絶対」と言われるとつい絶対とは言えないだろ、
と言いたくなってしまうんだよね。

でもこれって結構大切な事だとも思っていて。
息子と話す時は特に使わないようにしたいと思う。
posted by ボボコフ at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このエントリーを含むはてなブックマーク

「好きなことを書けばいい」というアドバイスは役に立つのか?

「好きなことを書けばいい」というアドバイスは役に立つのか?(304 Not Modified)
好きなことを書けばいい。

これは問題の解決にはさほど役に立たない。
だからといって、常に役に立たないわけではない。

「万能薬というものはどんな病気にも効かない」という前提での
「好きなことを書けばいい」=万能薬。

なるほど、そんな感じかもしれない。
それにしても効き目が弱い気がするけれど。

ブログについて悩んでる人にこの言葉をかけても
結局本人次第な部分が大きい。

何が問題なのかが分からない人にとっては、
気づきのきっかけになるのではないだろうか。

その通りだと思う。


僕は「思ってる事を書けばいい」とか
「考えてる事を書けばいい」と言った方がいい気がする。

何を書けばいいのか、、と悩んでいるならそれをそのまま書けばいい。

思いをそのまま書き綴る。
形に残してあらためて見直す事で、悩みは解決するかもしれない。
もしくはそれを読んだ誰かが適切な処方箋を用意してくれるかもしれない。

2年近くブログを書いてきて、
むしろそれこそがブログの1番有効な使い方なんじゃないかとか思ったりもする。

「同じ内容の文章でも、自分で書くと記憶に残る」とかの話も全部同じで、
とにかく感じた事考えた事をどんどん書け、と。
posted by ボボコフ at 15:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | blog | このエントリーを含むはてなブックマーク

同じ内容の文章でも、自分で書くと記憶に残る

同じ内容の文章でも、自分で書くと記憶に残る(明日は明日の風が吹く)
ニュースサイトを巡回し、気になったニュースの感想や意見でも書こうと思うと、既にあるサイトで秀逸な文章が書かれているのを発見してしまう。そうすると、一瞬にして書く気が失せてしまう。
しかし、秀逸な文章に完膚なきまでに打ちのめされ、ニュースに対する自分の意見を書かないと、自分の意見を忘れてしまうのですね。どんなに秀逸で、自分とほぼ同意見でも、自分で書いたのではないから、その時の自分の印象は思い出せない。しかし、自分の意見を書いておけば、後からそれを見返した時に、どのような経緯で、どんな思考で感想や意見を書いたかを思い出せる。
その通り!なんだよね多分。

言いたい事を誰かが上手く書いてくれてる文章を見つけたり、
思い入れが強いが故にそれなりの文章に仕上げようとして
結局書かずに終わる、、って事が多すぎて自分でウンザリして。

昨日の「なるほど!」を放置させないも同様で
とにかく自分のその時の記録を残そうという思いからここを作ったんだよね。
なのでここはガンガン書く。
思いつくまま。
posted by ボボコフ at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このエントリーを含むはてなブックマーク

まるでフィクションのような風景

まるでフィクションのような風景(痛いニュース(ノ∀`))

すげぇ。
全部本物の風景??

圧倒的なものがあるね。
言葉が出ないというか。
地球を大切にしよう。

>>12は全体にピントがあってるからジオラマ風に見えるってやつかな?
これやってみたいんだけど道具とテクニックがいるらしいんだよねぇ。
posted by ボボコフ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。